手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2011年12月31日

ブラームスの1番を聴きながら

年の瀬のクラシックと言えばベートーベンの第九が定番ですが、
(去年も同じことを書いた様な・・・)
ここ2−3年、何故か年の瀬になると聴きたくなる
クラシックが出てくるんです。

年末だし今年は何を聴こうかな〜って思っているわけでもなく。

去年はそれがサンサーンスのオルガン付だったのですが
今年はブラームスの交響曲一番。





ブラームスは4番が一番好きですが、
ブラームス交響曲全曲集なるCDを持っているので ↑↑↑
時折1−3番も聴いていて。

特に1番はのだめカンタービレでも使われていたので
耳にしたことがある人も多いかも。


とても荘厳な第一楽章の冒頭部。
”苦悩や試練”が思い起こされながら
終始、曲は流れて・・・

第二楽章はとても静かに。
悲しみやせつなさもありながら、
どこかやさしさにも包まれていて、
心静かに時が過ぎていく感じ。

3楽章になると、
そんな静かなひと時から
自分の中で何かが動き出し始める、
希望に向けての序章。

そうしてそんな思いを引き継いで
少し不安げに始まる最終楽章。

静かに、着実に気持ちを固めるように。

やがて光がさしてきて・・・

希望と勇気に満ちたフィナーレへ・・・・

このブラームスの1番は
試練・苦悩から希望へ〜
と言うのが私の中での個人的なイメージ・・

今年は大震災、台風など日本は甚大な災害に遭い、
大変な悲しみと試練の年となりました。

ヨーロッパ危機で経済的に影響を被った人たちも。

そんな中でも人の優しさや温かさに触れたり、
明るく勇気をもらえる出来事があったり・・

本当に今年はいろんなことを考えさせられた1年でした。

このブラ1を聴いていると、
そんな一年の出来事が次々と思い起こされて、
来年への決意が固まります。

年の瀬のあわただしい中、
ちょっとコーヒーを飲みながら一息ついて
こうして音楽を聴いていると、
心が改まりますね。










タグ:音楽
posted by YUMICO at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめBGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

来年の干支・辰の置物作りました〜オーブン陶芸

毎年この時期になると、翌年の干支の置物が
欲しくなるのですが、今年は自分で作ってみました!

006.JPG

オーブン陶芸です。

ふつうの陶芸の土とは少し違う、
オーブン陶芸専用の土と言うのがあって、
ふつうの陶芸と同じ様に成形して、
乾燥してから家庭のオーブンで焼いて仕上げる
というもの。

ふつうの陶芸の様に釉薬をかけての
色付けはどうも出来ないみたいなのですが、
土の種類も白、茶、黒など種類があるし、
土を練り込んだり、象嵌なんかで模様をつけることは
出来ます。
あと、焼きあがった後に、水彩絵の具や油性のペンなどで
色を付けたり、模様を描いたりすることも。

防水性はないのですが、食器などを作るときには
防水剤を丹念に塗れがば、とりあえず大丈夫みたい。

まあ、本格的な器なんかは、
普通の陶芸でやるとして、
ちょっとした小物は粘土づくり感覚で出来るし、
家庭のオーブンで焼けるので、
お菓子作りみたいで楽しいですよ。

実は10年近く陶芸教室に通い、
結構いろいろと器なども作成していたのですが、
ここ3−4年くらい、忙しくて通えなくなってしまい・・・
復活のチャンスを逃したまま今日に至っているのですが、
オーブン陶芸ならうちでもちょこっと出来そう!
と思って、TOKYU HANDSで材料をゲットしたっきり、
何か月も放置したままに。

そしてこんな年の瀬になって、
”そうだ!干支の置物を作ろう!”と思い立ち、
作った次第です・・

焼く前と後で色は変わるのかなぁ〜??と
思っていたのですが、色はほとんど変わらず、
しっかりと焼締められた感じに。

土によって焼いた後の色の変化はいろいろみたい。

辰なのでせっかくだから緑に着色しようとも思ったのですが、
下手に塗って残念な感じになっても可愛そうだし、
良い年を迎えられなくなりそうなので
とりあえずはこのままで。

年が明けて時間が出来たらニスでも塗って、
ピカピカにしてみようかと。

ちょっと間抜けな顔が気に入っています・・・

何かわからないと困るので、胸に”辰”と入れて
ボールを持たせてみました・・・

これだけ焼くのももったいないので、
ついでにふくろうのアロマストーンも作りました。
一緒に作った仲間たち。
↓↓↓

013.JPG

こんな小物の他に、鉢カバーとか
カード立てとかも作れます。

休みの日のちょっとした気分転換には
おすすめです。



タグ:ギャラリー
posted by YUMICO at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

常夜鍋

寒い毎日が続きますね。
冬は冬らしくなきゃ!と思いつつ、
やっぱり寒いのはツライ・・・・

おうちのゴハンもつい鍋料理に走ってしまいます。
ポカポカになるし、何より簡単だし。

そして今日のお鍋は常夜鍋。

010.JPG

ほうれん草と豚シャブだけの、
とってもシンプルなお鍋。
見かけはイマイチですが、
これがなかなか美味。
シンプルだけど飽きが来なくて、
毎晩でも食べたくなるくらいヤミツキに!
と言うのが常夜鍋の名前の由来なんです。

作り方も出汁をとったり、
具材も白菜とかシイタケを加えたりとか、
いろいろあるみたいですが、
うちは超シンプルバージョン。

具材はほうれん草と豚肉だけ。

出汁もとらずに、日本酒とお水を半々に
お鍋にわかして、豚肉とほうれん草を
シャブシャブしながら、
たっぷりの大根おろしとポン酢しょうゆ、
万能ねぎと七味だけでシンプルにいただくんです。

これだけ?って思うのですが、
食べてみると、豚肉の旨味とほうれん草の味わいが
マッチしていておいしい!
大根おろしとポン酢がさっぱりしているので
ペロッとたくさんいただけます!
本当にヤミツキに。

日本酒が入っているので、
ちょっとほろ酔い(?)で体もポカポカになります。

ほうれん草は普通のほうれん草でもいいですが、
サラダ用のアクが少ないものの方がいいかも。

栄養も十分でヘルシーな簡単お鍋です!

さすがに毎日はいただきませんが、
週一くらいのペースで食べてるかも。

ワインはスパークリングがおすすめです。




タグ:料理

2011年12月26日

ソミュール・シャンピニー テュフォー 2007

この間ニコラ・ジョリーのワインを飲んだのですが、
その時にフランスのロワールのワイン地図を眺めていたら
何となくソミュール・シャンピニーが飲みたくなりました。

フランスはロワール川沿いのアンジュ・ソミュール地区の
赤ワイン。

この間のニコラジョリーのサヴ二エールは
ロワール川沿いのアンジュ地区ですが、
今日のソミュール・シャンピニーは少し川を
上流に上ってきた、ソミュール地区。

気候は海洋性気候で、気温はやや温暖。
日照量も多め。
よって、同じロワールでもシノンとかブルグイユとか
このエリアより少し上流のトゥーレーヌ地区で
同じカベルネフラン種から作られるワインに比べると
果実感のある、」ややふくよかな印象になると
言われています。

造り手によっては ”これってボルドー?”
って思うものもあったりで。

本日いただいたのは、

Samur-Champigny
Tuffeau 2007

001.JPG

カベルネフラン100%です。

外観は・・
紫がかった綺麗で深いルビー色。

香りはとても華やかで果実の香りが豊か。

ラズベリーやチェリーのコンポートや
熟したカシスの香り。

スミレみたいな赤いお花の香りも。

ほのかにシナモンの様な甘いスパイスの香りも。

樽は使っていないと思うのだけれど、
何となくフルーツケーキみたいな、
バターとか、ちょっと甘くて香ばしいような香りも
するような・・・

カベルネフランによくあるヴェジェタルな香りは
あまり感じず・・・

味わってみると、
アタックはとてもやわらかい印象。

まろやかな果実味をしっかりと感じた後に、
フレッシュな酸が追いかけてきて、
バランスよくエレガント。

タンニンはおだやかでやさしい口当たり。

とてもやさしく、やわらかく、酸もフレッシュで
軽やかな印象でありながら、
不思議と薄っぺらくないというか・・・
果実の熟度を感じるというか、
口に含んだ後の、鼻から抜ける香りが
何だかとっても華やかで豊かで。

チャーミングだけどエレガントな・・
ヤングアダルトな女性って感じでしょうか・・・

ロワールのワインのこのやわらかくてやさしい感じが
何か飲み疲れしなくって心地よくって。

あまり人気はないみたいですが、
たまに飲みたくなるんですよね。




タグ:ワイン
posted by YUMICO at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

サーモンとホタテのタルタル〜ちょっとエスニック風

今日のワインのお供は、サーモンとホタテのタルタル。
フランス人ってよく生のお魚とかお肉を
細かめに切って和えて、型どって、
タルタルにしますよね・・
私もいつもはもっとざっくりとカットして
和えたらそのまま器に盛り付けているのですが、
季節柄、ちょっと盛り付けも凝ってみたくて
フランス風(?)タルタルにしてみました。

015.JPG

・・・が、
これってチャーハンじゃないの??
って感じに・・・
お茶碗で型どったのがいけなかった・・
こう言うところにやっぱり”日本人”が出てしまうのだ・・

今年の夏にボルドーに行った時の写真を見直してみると、
ココット型に盛り付けられていて
さすがオシャレな感じ・・・
ハーブもたっぷり盛ってある!

ちなみにボルドーで食べたタルタル。
↓↓↓

185.JPG

この写真見てから盛り付ければよかった・・

まあ味は一緒だし、仕方ないってことで・・・

今日はシンプル、爽やかバージョンで、
コリアンダーのみじん切りを加えて
ちょっぴりエスニック風にしてみました。

材料

サーモンのお刺身  サクで。今回は100−150gくらいでした 
ホタテ       貝柱のお刺身用、今回は4個
玉ねぎ       1/4個
コリアンダ―     適宜
オリーブオイル   大2
レモン汁      大1
塩コショウ     少々

作り方

1)サーモン、ホタテは1cm弱くらいのさいの目にカット。
  玉ねぎ、コリアンダーはみじん切りに。
2)1)をボールに入れて、オリーブオイル、レモン汁、
  塩コショウを加えてよく和える。
3)ココット型などで型をとって、お皿に盛り付けて、
  お好みで野菜を添える。

ココット型とか、グラスとか、
円柱形で、ちょっと高めに盛り付けた方がオシャレです・・・

今度、リベンジでオシャレ盛り付けに挑戦予定。

お料理はみかけも大事ですよね。

シャンパーニュやサンセールなんかに合うと思います。

もちろん普通のスパークリングやスッキリ系の白ワインでも。

オシャレに盛り付けると、おもてなし料理にもぴったり。

作り方は簡単なのでお試しください。


タグ:料理
posted by YUMICO at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインのおとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

そして手作りラング・ド・シャ

昨日スウィートポテトを作ったのですが、
その時に残った卵の白身をどうしよ〜って思ってたら、
ヤミーさんの本に、残った卵白でラング・ド・シャ
と言うのがそういえば載っていたんだ!と思い出し、
あの後作ってみました。

焼き立ては何だかふにゃふにゃしていたので
失敗か??と思って放置したまま忘れてたら、
今日になって触ってみると、
ちゃんとラング・ド・シャになってました!!
ちょっと形は悪いけど、それもまた手作りっぽくていい!
ってことにして。

001.JPG

卵白を泡立てるのは面倒くさい・・って思ってたので
これは泡立てる必要もなく、さくっと作れました。

バター(3−40g)をレンジで軽くチンして柔らかくして、
お砂糖(大2−3)を加えて、なめらかになるまで混ぜて、
そこに卵白を少しずつ加えて混ぜて・・・
なめらかになったところに薄力粉(大3)を加えて
ザックリと混ぜたら、オーブンシートにスプーンで落として
猫の舌みたいになる様にテロテロと伸ばして。

あとはオーブントースターで5分くらい焼くだけ。

サクサクのラング・ド・シャの出来上がり・・・

簡単でした・・

卵白って時々残っちゃうんですけど、
こうして簡単に変身できるといいですね。

卵白1個ぶんだとそんなに大量に出来ないので、
食べすぎることなく、ちょっとしたお茶うけに
ちょうど良いボリュームです。

卵白残った時にはぜひお試しを。




タグ:料理
posted by YUMICO at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

ハニースウィートポテト

おいしいサツマイモをいただいたので、
スウィートポテトを作りました。

スウィートポテトって子供の頃から大好き。
母親が昔作ってくれたのは、お芋をふかしたら
半分に切って、皮の形を崩さずに(お芋の形のまま)
くりぬいて、丁寧に裏ごして、バターとか卵とか
牛乳を入れて混ぜて、お芋の皮に詰めて、上に卵を塗って
オーブンで焼くというもの。

傍で見ていて、何だかとっても面倒くさそうで。
よって、あんまり頻繁には作ってもらえなかった思い出が。

でもよく考えたら、お芋の皮をカップ代わりにする必要も
ないし(確かにおいしそうに見えるけど)
裏ごさなくても、お芋感が出ていて、
逆においしかったりするし。
(確かに裏ごすと口当たりがよくっておいしいけど)
お芋はあらかじめ、ふかしているので
オーブンで焼かなくても、
オーブントースターで十分じゃないかなぁ〜って思い、
手抜きバージョンのスウィートポテトを作ってみました。

016.JPG


お砂糖はハチミツに変えてヘルシーに。

材料

サツマイモ   中くらいの1本くらい(150−200gくらい)
牛乳      大さじ2くらい
ハチミツ    大さじ1/2くらい
卵黄      1個

作り方

1)サツマイモは柔らかめに蒸したら、皮をむいて
  熱いうちにマッシャーでつぶす。
2)1)に牛乳とハチミツと卵黄(1/2)を加えて混ぜる。
3)2)を搾り袋(ビニール袋でも)に入れて、
  アルミカップの上に絞り出すように入れる。
4)3)の上に残りの卵黄を塗って、
  オーブントースター(1200w)で5分程焼く。
 (様子を見て卵が焼けて来たらアルミホイルをかぶせて
  焦げないようにする)

サツマイモは大きさがマチマチなので、
牛乳やハチミツ、卵は加減を見ながら加えていかないと
ゆるゆるになってしまうので注意。

お芋は電子レンジでチンしてもいいのだろうけど
何かふかした方がふっくらして、美味しくなるような
気がします・・・

ハチミツは意外に甘いので、
思ったより控えめでもいいと思います。

お芋の自然なほんのりとした甘さで結構十分。

ラム酒をほんのちょっぴり加えても
大人な味に。

お芋はふかすだけでも美味しいけれど、
ふかしたお芋に飽きた時には、こうして
ひと手間加えてみると、また違った感動が。

でも子供のころに母親が作ってくれた
スウィートポテトもまた食べたいです・・・

心と時間に余裕がある時に挑戦してみよう・・・




タグ:料理
posted by YUMICO at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。