手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2012年03月27日

レンコンとトマトのキーマ風カレー

冷蔵庫にレンコンとひき肉があったので、
ちょこっと炒めて食べよう・・と思いつつ、
それだけ炒めるのも何だか味気ない気がして。

そう言えば、トマトも人参も玉ねぎもあるので、
一緒に炒めちゃえ!と思った瞬間、
”それってカレーじゃないか!”

・・・って事で、今日はちょっと南インド風な
カレーを作りました。

002.JPG

ひき肉が入っているので、とりあえずキーマ風ってことで。


材料

合挽き      80−90gくらい
レンコン     5cmくらい
トマト      1個
玉ねぎ      1/4個
ニンジン     1/2本
にんにく     ひとかけ
ショウガ     ひとかけ
クミン      小さじ1くらい
カレー粉     大さじ2くらい
ターメリック   大さじ1くらい
ウスターソース  適量
サラダ油     適量

作り方

1)ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、ニンジンはみじん切りに、
  レンコンは皮をむいてやや薄めの食べやすい大きさに。
  トマトはざく切りにしておく。
2)フライパンにサラダ油、ニンニク、ショウガ、クミンを
  入れて熱し、香りが立ってきたら、玉ねぎを加えて
  よく炒める。
3)玉ねぎの色が変わり始めたら、ニンジンを加えて
  さらによく炒める。
4)続いて、レンコンを入れて、さっと火が通ったら
  ひき肉を入れて、塩コショウ。
5)4)にカレー粉、ターメリックを入れて、
  よく混ぜ合わせたら、トマトを投入。
6)全体的によく炒め合わせたら、ウスターソースを
  ちょっと加えて、もうひと混ぜしたら出来上がり。


当初の予定では、トマトペーストを加えたり、
少し水を加えてブイヨンも加えて煮込むイメージでしたが、
何だか、作りながら味を見ていたら、
そんな必要もないくらいに、いい感じになったので、
あっと言う間に出来上がってしまいました・・・

カレー粉はやっぱり便利ですね・・・
いろんなスパイスが予め調合されているから。

他のスパイスは加えなくてもいいのかもしれないけれど、
最初にニンニク、ショウガとクミンの香りを
しっかり出すことで、よりカレーっぽい感じに
なって、味わい深くなったような・・・・

時間があれば、玉ねぎをもっとあめ色になるくらいに
炒めると、もっとおいしくなるのかもしれないけれど、
ちょっと色が変わるくらいでも十分おいしかったです。

簡単なのが一番!

トマトは今日はあまり炒めすぎずに、
トマトらしさとフレッシュ感を出してみました。

予定時間よりかなり早く出来てしまって、
ごはんが炊けるのが間に合わず、暫しお預け状態。

レンコンのシャキッとした歯ごたえと、
お肉の旨味に、トマトがフレッシュで、
いたって適当に作った割には、かなり美味しくって
自分でもびっくり。

しかも妙に南インド風。

ちょっとはまりそうです。





  
  
タグ:料理

2012年03月20日

キャロット・ラぺ〜ニンジンとクルミのサラダ

ニンジン嫌い克服中。

月に2回届く、有機野菜の中に、
毎回人参が入っていて、さすがに ”助けて〜”状態。

何とか使い切らねば・・・
と思っていたところ、キャロット・ラぺのレシピ発見。
何だか、食べられそうな予感がしたので
作ってみました。

014.JPG

材料

ニンジン         小1本
レモン汁         大1
ディジョンマスタード   大1
はちみつ         小1
クルミ          適宜
塩コショウ        少々

作り方

1)人参は5cmくらいの長さの細い千切りに。
2)人参をボールに入れ、レモン汁を加えて
  よく和える。
3)2)にマスタード、はちみつを加えて
  さらに和えたら、塩コショウで味を調える。
4)最後に砕いたクルミを混ぜ合わせて出来上がり。

やっぱり人参臭さは、レモン汁でかなりなくなります!

さらにマスタードでいい感じに風味が加わるので、
これならニンジン嫌いでも全然OK

はちみつが甘味と言うより、まろやかさと
コクをプラスしていて・・・

これは、食べられる!と言うより、
おいしい・・・!!

これなら毎日でも食べられそう。

何と言っても人参はカロテンの王様で、
美肌野菜ナンバーワン。

クルミもアンチエイジングの
ビタミンEたっぷり。

まさに美肌サラダです。

作るのも簡単だし、ノンオイルだし、
多めに作っておけば、翌朝の朝食にも
いいかも。
  
また食べられる人参メニューがひとつ増えました。

タグ:料理
posted by YUMICO at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインのおとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

ロワール自然派・ティエリ・ピュズラのキュベ”蔵”

先日に引き続き、今日もフランスはロワール地方のワイン。

自然派の生産者、ティエリ・ピュズラの手掛ける
ソーヴィニョンブラン100%の白ワイン。

エチケットに ”蔵 ”と書かれていますが、
日本酒でもなく、焼酎でもなく、ワイン。

しかも日本のワインでも、日本人がフランスで造った
ワインでもない・・・

このワインの生産者、ティエリ・ピュズラが ”日本の酒蔵を
訪問した際に浮かんだイメージをワインにして
表現したもの ”との説明が。

気になって仕方がなかったので、思わず買ってしまいました。

キュヴェ「蔵」
ティエリ・ピュズラ
Vintage 2011年
ソーヴィニョンブラン 100%


019.JPG


外観は、やや濁りのある、やや濃い感じのイエロー。
わずかに細かな気泡も見られます・・

香りはとてもさわやかでフルーティ。

レモン、ライム、八朔のような柑橘系の香りが豊か。

レモングラスの様なフレッシュハーブの香りに、

ほんのわずかに、バニラとかナッツっぽい香りも
感じられるような・・・

フレッシュだけど、どことなく落ち着いた感じもあり・・・

味わってみると、アタックはスマートですっきりした印象。

フレッシュでシャープな酸がしっかりと、
口いっぱいに広がって味わいの中心に。

とてもキレのよい、フレッシュな飲み心地。

そんな中にも果実の味わいがしっかりと
感じられて、果実からくるほのかな甘みも舌に残る感じ。

搾りたての、熟したソーヴィニョンブランが
そのままワインになりましたって感じ。

ぶどうのおいしさが生かされてる感じで、
フレッシュだけど、味わいがあって美味しい。

ノンフィルターで澱を少し残して、瓶詰めしているので
若干の濁りもあり、かすかに炭酸を感じるとのこと。

この淡麗辛口のなかに感じる、果実の印象とか、
ほのかな甘み・・・
そんな味わいが日本酒を彷彿させる様な気もします。

ティエリー・ピュズラが日本の酒蔵で
どんなイメージをもったのか知りたいところですね。

ここのところ、自然派ワインが続いていますが、
ピュアでナチュラルな味わいが、
何だかこれから訪れる春らしい感じで、
春がますます待ち遠しくなります。

ボルドーやブルゴーニュの格付けワインとはまた
違ったよさがあって、ちょっと好きになりそうです。











タグ:ワイン
posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

イカとトマトとルッコラのサラダ

今日のワインのおともは、
イカとトマトとルッコラのサラダ。

006.JPG

とっても簡単なので、
イカげそのボイルをスーパーで見つけると
よく買ってきて作ります。

イカ、トマト、ルッコラの相性も抜群だし
色合いもイタリアン!で綺麗ですよね。

材料

イカのボイル    適宜(1杯分のげそくらい)
プチトマト     5−6個
ルッコラ      1−2株
オリーブオイル   大1
塩コショウ     少々
レモン汁      小1くらい
おろしにんにく   お好みで


作り方

1)イカげそは食べやすい大きさに、プチトマトは
  半分に、ルッコラもざく切りにしたら、
  ボールに入れてざっくりと混ぜ合わせる。
2)1)にオリーブオイル、レモン汁、塩コショウ、
  にんにくを加えてよく混ぜ合わせたら出来上がり。

にんにくは気分で入れたり、入れなかったり。

レモン汁はトマトの酸味で加減を。

これは、イカとトマトとルッコラと
オリーブオイルに塩コショウ・・・
すべての材料がベストマッチで、
大好物のひとつ。

しかもすべてヘルシー食材。

やっぱり白ワインによく合います。

イタリアの白とか南仏の白なんかがいいですね〜




タグ:料理
posted by YUMICO at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインのおとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

フレッシュトマトと水菜のパスタ

今日のゴハンはフレッシュトマトと水菜のパスタ。

トマトはトマト缶でなく、
生のトマトを使って、さっぱりと。


006.JPG

材料(一皿分)

パスタ   ひとり分
トマト   中1個
水菜    1/2束くらい
ベーコン  1−2枚
ニンニク  ひとかけ
オリーブオイル
塩コショウ

作り方

1)パスタを茹でる。
2)トマトはさいの目に、水菜はざく切りに、
  ベーコンも細切りに、にんにくはみじん切りに
  しておく。
3)フライパンにオリーブオイルとニンニクを熱し、
  香りがたってきたら、ベーコンを加える。
4)ベーコンの油が出てきたら、トマトを加え、
  よく炒め、塩コショウで味を調える。
5)4)にパスタの茹で汁をお玉に1杯ほど加え、  
  よく混ぜたら、水菜の根元に近い部分を加え
  さっと炒め合わせる。
6)5)にパスタを加えてソースをよく
  馴染ませたら、味の確認をして、
  足りないようなら塩コショウで味の調整をする。
7)6)をお皿に盛りつけて、上に残りの水菜をのせて
  出来上がり。

茹で汁を加えることで、
トマトのソースがとろっとして、
パスタともよく馴染みます。

プロはトマトの皮を湯剥きとかするのでしょうが、
私は面倒くさいのでしません・・・
(多少皮が残ることもあるけど気にせずに)

とろっとしたトマトソースと
さっぱりとした水菜の相性がとてもよくて、
水菜もパスタも、パクパクと食べられます。

水菜のサラダや、お鍋に飽きた時には
ぜひパスタに使ってみてください!

トマトも抗酸化のリコピンたっぷりで
水菜もビタミンCたっぷり。

美肌のパスタです。
タグ:料理

2012年03月10日

キュヴェ・クニコ トゥーレーヌ〜ドメーヌ・ボワ・ルカ

今日のワインは、フランス・ロワール地方で
日本人の女性醸造家、新井順子さんが手掛ける
自然派ワイン。

”クニコ”はワイナリーの初ヴィンテージ、2002年に
他界されたお母様のお名前。

彼女のことは一昨年の夏頃、新聞に特集されていたのを
読んで、素敵でカッコイイ女性だな〜と思い、
一度彼女の手掛けるワインを飲んでみたい!と思ったきり
すっかり忘れてしまっていたのですが、
たまたまネットでワインを探していて発見!
迷わず購入しました!

ドメーヌ・ボワ・ルカ 新井順子
キュヴェ・クニコ・トゥーレーヌ
2008年

品種はガメイ種100%
アルコール 12%

005.JPG


と言うわけで早速いただいてみることに。

まず、抜栓してビックリ!

シュワシュワっとボトルの口のところで
発泡していて、パチパチって音もして・・・
思わず ”生きてる!!”って叫んでしまいました・・・

醗酵途中で瓶詰めしたのか??と思ってもみたものの、
100%古樽で、1年間寝かせてから、瓶詰めしたとの
説明が。

ただ、飲み終わってみると、オリが結構残ってる・・・

澱引きとか濾過をあまりせずに瓶詰めするから
残ったオリが瓶の中で、まだ醗酵を続けて、
炭酸が出るのだろうか・・・・??

うーん、まだまだ勉強不足。

今度専門家に聞いてみよう。

・・・で、グラスに注いでみると、


外観はとても綺麗で輝きのある
明るめのルビー色。

細かい気泡も。


香りはとても豊かで華やかでフレッシュ。

ラズベリーやイチゴの様な赤系の果実の香りが
とても豊か。

カンゾーとかシナモンの様なスパイスの香りに、
ちょっと漢方薬っぽい香りも。

あとほのかに生パンみたいな香りもする様な・・・

時間がたってくると、
スミレの花の様な花の香りも華やかに加わって・・

とてもまっすぐな感じ。

味わってみると、

アタックはフレッシュでやさしい印象。

やわらかい果実味がとても豊かで、
フレッシュな酸もしっかり。

タンニンはおだやか。

フレッシュで軽やかそうでいて
余韻は何だか長い・・・

果実の香りが余韻とともに
鼻から抜けていく感じ。

美味しい。

自然派と言うだけあって、
とってもナチュラルでピュアでみずみずしくって、
でも果実の味わいはしっかりと。

ぶどうのクオリティの高さを感じます・・・

何か、とても丁寧に、心を込めて作られてるのが
伝わってきます。

手をかけるんだけど、手をかけない、
おいしいブドウが、そのまま、おいしいワインになった!
って感じ。

大昔のワインって、きっとこう言う感じだったんだろうな〜
って思います。

何だか心が洗われる1本でした。

他にも、”おとさん”(2004年に他界されたお父様を
思って名づけられたそう)と言うのがあるので
今度飲んでみようと思います。



posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

タラとジャガイモのソテー

今日のワインのお供はタラとジャガイモのソテー。

003.JPG

タラとジャガイモって相性がよくって、
フランスでは合わせてちょっとペースト状にして
パンに乗せて食べたり、お肉やお魚料理の
つけ合わせみたいにしていただくことも、
あるみたいですが、今日はジャガイモもスティック状に
大きめにカットして、タラをほぐすようにして
炒め合わせて、塩コショウだけでシンプルな味わいに
しました。

材料

タラの切り身    1切れ
ジャガイモ     中2個くらい
ニンニク      ひとかけ
オリーブオイル
塩コショウ
パセリ

作り方

1)タラは食べやすい大きさにカットする。
2)ジャガイモは皮をむいて、棒状にカットして
  さっと水にさらしたら、水けをよく切っておく。
3)フライパンにオリーブオイルを熱して、
  ジャガイモをソテーする。
4)ジャガイモが透き通って、火が通ってきたら
  にんにくのみじん切りを加えて、
  さっと混ぜたら、タラを加えて、炒め合わせる。
5)タラに火が通ったら、
  塩コショウで味を調え、好みでパセリ、タイムなど
  お好みのハーブをふる。

タラの身はほぐれやすいのですが、
思い切ってほぐして、ジャガイモと絡めるようにすると
ジャガイモに馴染んでおいしくなります。

タラは安い甘塩タラで十分。

真鱈を使うときは、最初に軽く塩をして、
水気を切って使った方が、塩気が加わって
美味しくなると思います。

ニンニクは今回は最初にオリーブオイルと一緒に
熱さずに、ジャガイモに火が通った時点で加えました。
その方が焦げずに、ニンニクそのものの香りと
味わいが残る気がします。

ホントにタラとジャガイモってよく合うな〜と
思います!相性バッチリ。

タラはお値段もお手頃で、
高たんぱく低カロリー!

ジャガイモもビタミンCが豊富なので
ヘルシーなワインのおともです。

白ワインによく合います!!





  
タグ:料理
posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインのおとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。