手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2012年05月16日

フランス・ローヌのワイン〜リュベロン・ブラン ドーヴェルニュ・ランヴィエ

今日のワインはフランスはコート・デュ・ローヌ地方の
白ワイン。

ローヌ地方は北部地区のセプタントリオナルと
南部地区のメリディオナルに分かれて、
気候も土壌も全く異なるので、
それぞれに多彩なワインが生産されている地方。

ローヌの白ワインと言うとヴィオニエから作られた
コンドリューが有名ですが、
今日いただいたのは、南部地区の
AOC Luberon Blanc

そう言えば認定試験の時にAOCは覚えたけど、
一体どんなワインなんだろう??

ワインショップでもあまりみかけたことがなく、
ちょっと珍しいので買ってみました。

Luberon Blanc
Dauvergne Ranvier
Vintage 2011年

001.JPG

ぶどうの品種はロール、グルナッシュ・ブラン、クレレット

外観はグリーンがかった、明るいイエロー。

香りは豊かで華やか。

白桃やあんずのコンポート、
熟したグレープフルーツの様な果実の香りに、
ちょっと黄色っぽいお花の香り。

アーモンドパウダーとかナッツのような
少し香ばしいような香りに、
ハチミツの様な甘い香りも。

味わってみると、アタックはふくよか。

凝縮した果実味がとっても豊か。
酸味はやさしく穏やかだけど、フレッシュ!
アフターにやや苦味。

コクがあって、しっかりした味わいに、
フレッシュな酸味が、さり気なくエレガントさを
添えていて、この果実味と酸味のバランスが
ちょっと面白い感じ。

余韻はそんなに長くなく、
スーッと消える感じで、
コクがあるのにキレがいいというか、
ちょっと素っ気ない印象。

押しつけがましくなく、
よく熟した質のいいブドウで、丁寧に作られた!!
南ローヌらしい味わいのワインです。









タグ:ワイン
posted by YUMICO at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ラッキョウ漬けました!!

久しぶりに、ラッキョウを漬けました・・・
塩ラッキョウです。

003.JPG

何年か前にも、頑張って漬けて、
と〜っても美味しくいただいたのですが、
根を取って、皮をむく作業が
面倒くさがりの私には ”無理!!”で、
毎年、ラッキョウが出回る頃に、
漬けようか、どうしようか悩みつつも
”食べたい”気持ちが、皮むきの面倒くささに
負けてしまって、断念しておりました・・・

今年は一念発起して。

ちょっと量の少なめなラッキョウが売っていたので、
これなら剥ける!と再びトライすることに。

皮を剥いて、根元をカットさえしてしまえば、
簡単なんですよね・・・

皮も、どこまで剥いたらいいのか???って
感じですが、一番上の薄皮だけ剥けばいいんです・・・

頑張って漬けてみよう!と言う方のために
簡単に作り方を。

ラッキョウは洗って、根を取り除き、薄皮を剥いて、
水気を切っておく。

密閉容器にラッキョウを入れたら、
塩、酢、水、唐辛子を加えてよく混ぜて
あとは7−10日待つのみ。

分量は、塩はラッキョウの重量の10%

酢:水=1:2の割合で、
容器に入れたラッキョウがかぶるくらいの分量で。

お好みで唐辛子を入れて。

久しぶりなので、美味しく漬かるかちょっと心配ですが、
ラッキョウ大好き!なので楽しみです。
タグ:料理
posted by YUMICO at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ルクエのスチームロースターで早速白パン作り

ずっと気になっていたルクエのスチームロースターを
念願かなってゲットしました。

019.JPG

従来のスチームケースは、蒸したり、茹でたり
煮込んだり・・・と言うのがメインの使い方で、
これも便利に愛用していますが、
このスチームロースターは、名前からもわかる様に、
ローストが出来るんです。

ケースを閉じた後の空いているところから
蒸気がうまい具合に逃げるので、
パリパリになるらしい・・・

これを買いたい!と思ったきっかけは、
”簡単白パン”

このスチームロースターを使って、
簡単に白パンを作っている動画を見て、
そのあまりの簡単さ、便利さと、
朝から簡単に焼き立てパンが食べられる幸せに、
”これは絶対欲しい!!”と思うこと1か月。
そうしてようやく手に入れ、早速基本の白パンを
作ってみました。

018.JPG

基本のレシピは小麦粉200gなのですが、
ひとり分なので、半分の100gで。

まずスチームロースターのケースに、
強力粉100g、ドライイースト3g、
塩 少々、水を70cc入れて、へらでよく混ぜ、
生地がまとまってきたら、手でまとめるように
こねる。

012.JPG

生地がこんな感じにまとまったら、
ケースのふたを閉じて、そのまま冷蔵庫へ。
6時間くらい寝かせる。

013.JPG

朝起きると、ちょっと膨らんでる・・・・

014.JPG

回りに粉をササッとふって、
形を整えたら、もう一度ふたをして、
電子レンジで2分。

出来上がり。

バゲットや食パンみたいに、回りが
パリパリ、こんがりではなく、
ちょっぴりパリッとして、
中がモチモチな感じ。
いわゆる白パン。

バターやオリーブオイルなんかの油分を
使わないので、ヘルシーだし、
味わいもとっても素朴でシンプル。

朝食にはぴったりな感じ。

何より焼き立てなので、アツアツ、ふわふわ。

今日はミオジャム、森の盗賊と一緒に。

ローズマリーやバジルなんかの
ハーブを加えて作っている人もいるみたい。

これ、牛乳を加えたり、
ちょっとバターを加えるとどうなるんだろう?

これから、いろいろとアレンジしてお好みパンを
作ってみようと思います。

夜寝る前に生地を作っておけば、
(10分もかからないし、器具もこのケースとヘラくらいなので
 片づけも簡単)
朝、冷蔵庫から出してきて2分チンするだけなので、
トーストを焼くのと変わらないですね。

白パンばかりでなく、
ふつうに焼き魚も出来るし、
お肉も焼けるみたいだし、
利用価値大。

これは本当におすすめです。






タグ:料理

2012年05月10日

最近のお気に入り〜ミオジャム 森の盗賊

ずっと気になっていたミオジャムを先日ついにゲット。

DSCF3760.JPG

ミオジャムはフランスはピレネー山脈の麓で生まれ、
フランシス・ミオ氏が長年の夢をかけて開発したジャムだそう。
ジャムコンテストで4年連続金賞を受賞していて
世界が認める、正に”ジャムの王様”

ネットでも買えるのですが、
この間オーバカナルの前を通りかかった時に
”アッ!ミオジャム・・・”と思い出して、
忘れないうちに・・と購入。

欲しいと思っていたのはオレンジか、
オレンジウイスキーだったのですが、
品切れだったので ”森の盗賊”を購入。

森の盗賊はブルーベリー、ラズベリーに
何種類ものスパイスを加えて作られたジャム。

人工的な着色料、保存料なども一切使われていなくて、
甘味も天然の甘みだそうです。

そしてこの森の盗賊は何と、
1555年のアラビアの古文書に書かれたレシピを
再現して作られたもの。その当時、ジャムは媚薬として
王族の女性や皇族たちに用いられていた!
との説明書きが。

一体どんな味わいなんだろう・・・??

毎朝ヨーグルトと一緒にいただいています。

濃厚なフルーツの香りに、
確かにいろんなスパイスの香りがして・・・

とりあえずジャムだけ口に入れてみると・・・
果物の美味しさとか、ほんのりとしたスパイシーさが
口いっぱいに広がって、酸味もいい感じで効いていて・・・
何より、この甘さ加減がスバラシイ。

本当に美味しいです。
かつて媚薬だった!と言うのもうなずけるお話。

瓶もお洒落。

毎日の朝食が楽しみな今日この頃。

次回は ”オレンジ”か・・・
でも、やっぱり ”ジャムの王様ジャム”を
最初にいただくべきだったか・・・・
悩ましい。

確かに、ちょっとお値段お高めですが、
これなら納得、大満足です。






2012年05月09日

アルザス・グラン・クリュ・シュロスベルク〜げヴュルツトラミネール 1999年

ワインショップでみかけて。

店長の超おすすめ!のポップがたっていて、
その賞賛ぶりに、アルザス好きの私としては、
いてもたってもいられなくなり、
つい、買ってしまいました。

アルザス・グラン・クリュ シュロスベルク
Vintage 1999年
造り手はケインツハイム・カイゼルスベルク
ぶどうはゲヴュルツトラミネール100%

004.JPG

外観は黄金がかった濃いイエロー。

香りは・・・・

最初ちょっと閉じた感じ。

でも時間がたってくると、
いわゆるゲヴュルツらしい、ライチの香り。
(でもそんなにライチライチしていない)
黄桃のコンポートとかグレープフルーツのシロップ漬け、
パイナップルとかマンゴーの缶詰みたいな
甘くて熟した果実の豊かな香り。

黄色いお花っぽい香りも。

ちょっとハチミツみたいな甘〜い香りに
どことなくスパイシーな感じもあって・・・

そして気のせいか、ミネラルっぽい感じも・・・

味わってみると・・・

トロッとした口当たり。

甘やかでふくよかなアタック・・・

とても豊かな果実味に、
酸もまだまだとてもしっかりしていて、
甘ったるくなく、とてもいいバランスで
アフターまで幸せな余韻が・・・・・

これって甘口?辛口???

お店のワインの説明のところには
”甘口”って書いてあったような気がするのですが、
それらしき表示はないし、
これはどうやら辛口白ワインらしい・・・
ただ残糖は30g/リットルなので、甘いのは確か。
でも、甘口ほど甘くないのも確か。

ほどよい甘やかさが何ともいい感じ。

そんなことより、これは1999年。

そこそこの年月は経ていますが、
そんな年齢は感じさせないです・・・

ちょっと落ち着き始めた、でも
まだまだこれからだよ〜って感じの
人生の一番いい時!な味わい(?)

勝手に、甘口!なんて思っていたので、
デザートワインっぽくいただき始めたのですが、
何となく口寂しくなって、
冷蔵庫にあった生ハム(北海道産)をお供に
してみたら、pas mal !!
何だか妙に、意外に、悪くない。
日本の生ハムのほんのりとした甘味が合うのか?!

宣伝に騙されて買ったはずが、
騙されてよかった!!と思う1本でした。

ああ、アルザスに行きたい・・・!!

タグ:ワイン
posted by YUMICO at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

春キャベツとロースハムのマリネ

ハムとかソーセージは基本的に大好きで、
よくいただく食材のひとつ。

特に、薄くスライスしたロースハムは、
それだけでマリネにしても美味しいのですが、
お野菜にもよく合うし、作るのも簡単なので
ちょっと白ワインのおともが欲しい!って時に
冷蔵庫にあるお野菜と一緒にマリネにして
よくいただいています。

以前にもロースハムと大根のマリネとか
ロースハムと玉ねぎのマリネをご紹介したと
思いますが、今日は今が旬の春キャベツと一緒に
マリネにしてみました。

DSCF3759.JPG

マリネ液も基本のマリネ液に、
ディジョンマスタードとハチミツをちょっぴり加えて
風味よく、マイルドに。

材料

春キャベツ      3−4枚(お好みや大きさで適宜)
ロースハム      4−5枚
オリーブオイル    大さじ2
レモン汁       小さじ1
ワインビネガー    小さじ1
ディジョンマスタード 大さじ1
ハチミツ       小さじ1
塩コショウ      適宜

作り方

1)春キャベツは洗ったら食べやすい大きさにちぎって
  ざるに上げたら、熱湯をさーっと回しかけて、
  水けを切っておく。
2)ロースハムは2cmくらいの短冊切りに。
3)ボールにオリーブオイル、レモン汁、ビネガー、
  マスタード、ハチミツを入れてよく混ぜ、
  塩コショウで味を調える。
4)3)のボールにキャベツとハムを加えて
  よく混ぜ合わせて、出来上がり。

出来れば、冷蔵庫で2−30分くらい寝かせた方が
味が馴染んで美味しいです。

マスタードやビネガーの分量は
酸味のお好みで適当に調節を。

この、キャベツに熱湯をかける方法ですが
どこかで誰かが紹介しているのをみて
これはいい!と思って早速採用。
茹ですぎることなく、いい感じでしんなりとなるし、
お湯を沸かして、さっと茹でて、ざるに上げて・・・
と言う手順を踏むよりは、いたって簡単。

最近は専らこの方法で。

キャベツの甘みとロースハムの相性はバッチリ。

程よい酸味に、マスタードの風味もいい感じ。
ハチミツが酸をまろやかにしてくれて、
なかなかのコンビネーション。

キャベツもこうしてさっと茹でると、
生でいただくよりもたっぷりといただけます!!

白ワインにも合いますが、
もちろんゴハンのおかずでも。





タグ:料理
posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインのおとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

今年もアジサイにツボミが・・・

今年4年生の我が家のアジサイ。

3月に芽吹いて、4月に葉が茂り始めていましたが、
朝、お水を上げる時によく見ると、
小さなつぼみが。

005.JPG

もしや、他にも・・・と思い、
よーく観察してみると、
今のところ、全部で4つのつぼみを発見!!

2年目は全くお花が咲かず、
3年目の去年は2つだけ。

今年は4つは咲くんですね〜

今年は一段と葉ぶりがよくなったきがします。
葉っぱもおっきい!!!

001.JPG

アジサイの花を眺めながらの、
休日の午後のカフェタイムが
今から楽しみです!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。