手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2012年11月05日

自家製なめ茸

最近はまっている自家製なめ茸。

なめ茸は大好物で、瓶詰めのものをよく買ってきては
あっという間に平らげてしまう私ですが、
レシピ本やお料理サイトでいろいろな”手作りなめ茸”
のレシピを見かけて、一度自分でも作ってみよう!と思っていた一品!

いくつかのレシピを参考に何度か作ってみて、
結局落ち着いたのがこのレシピ。

002.JPG


材料

えのきだけ   一袋
醤油      大2
お酒      大1
みりん     大1
お砂糖     適宜

作り方

1)えのきは根元の部分を切ったら、半分の大きさにカット。
2)1)をお鍋に入れたら、空炒りして、水分が出て、
  しんなりとしてきたら、お醤油、お酒、みりんを加えて
  煮詰める。
3)煮詰まったな〜と思ったら、味を見てお好みでお砂糖を加えて
  出来上がり。

レシピによっては、水を加えるものもあるみたいですが、
えのきの水分だけで十分。あまり水を加える意味はないような気がします。

あと出汁を加えるレシピもありますよね。
めんつゆを使ったり・・・
出汁を入れずに作って美味しかったので、出汁入りはまだ試していない
のですが、一度試してみようかな〜とは思っています。
めんつゆは日頃あまり使わないのですが、
めんつゆを使うと簡単に出来るし、めんつゆ派の人にはよさそうですね。
ただ、えのきの旨味だけでも十分な気もします。

味付けですが、お醤油はえのき一袋で大さじ1.5〜2くらいで、
しっかりした味になるので、このくらいでいいと思うのですが、
甘味に関してはお好みで。辛口がお好みの方も、ほんの少し
お砂糖を加えると味がまろやかになるみたいです。

出来上がったら、はやる気持ちを抑えて、しばし寝かせましょう。
冷蔵庫で一晩たったくらいが、味が染み込んで美味しくなります。

えのきだけは超低カロリーで、食物繊維も豊富だし、
最近ダイエット効果もある!って話題にもなっていたような・・・

何と言ってもえのきは安いので、たっぷり作って食べられるのが
なめ茸好きにはありがたいお話です・・・

なめ茸好きの方も、そうでない方もぜひお試しください。
ラベル:料理
posted by YUMICO at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なめ茸はむかしご飯にかけて食べた懐かしい味です。
長野県千曲市あたりで、たくさん製造されてます。
以前、生産者にえのき茸なのになんでなめ茸なの?と聞いたら、
昔はえのき茸をなめ茸と呼んでいたと言ってました。
ある時、国からなめ茸と呼んではいけないというお達しが出て、
それ以来えのき茸と呼ばれるようになったそうです。
瓶詰めは商品名なので、呼び方が変更されることなくなめ茸のままとのこと。
その話を思い出しました。

Posted by ピコティ at 2012年11月05日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。