手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2013年06月08日

プイィ・フュイッセ〜シャトー・フュイッセ テット・ド・クリュ 2009

今日のワインはフランスはブルゴーニュ地方、
マコネ地区の白ワイン、プイィ・フュイッセ。

マコネ地区は、ボジョレの真上に位置するエリア。
ムルソーやモンラッシェと言った、高級白ワインを産する
コート・ド・ボーヌ地区に比べると、
比較的、軽快で手軽なワインを作る産地と言うイメージですが、
このプイィ・フュイッセのワインは、そんな中にあって、
樽の効いた、ふくよかでコクがあるタイプのものが多いと言われています。

今日いただいたプイィ・フュイッセは、
シャトー・フュイッセのテット・ド・クリュ。
ヴィンテージは2009年。
品種はもちろんシャルドネ100%

019 (480x640).jpg


この造り手は、世界にプイィ・フュイッセの名を知らしめた
と言われる造り手。

外観は、まだ縁にグリーンの色調を帯びた、
やや濃いめのイエロー。

香りはとても豊か!!

とにかく黄桃、グレープフルーツのコンポートみたいな
黄色い果実の香りがとても豊か。

そこに発酵バターとか杏仁豆腐みたいな香りに、
トーストやナッツみたいな樽から来る香りもしっかり。

豊かな果実の香りとよく溶け合って、とてもバランスの良い
いい香り。

味わってみると・・・

アタックはとてもふくよかでボリュームのある印象。

少しとろっとする様なとても豊かな果実味を感じたあと、
まろやかな酸が包み込むように広がって、
果実の味わいと溶け合いながら、
いつまでも続いていく感じ・・・・

余韻も、幸せ感も長い・・・・

美味しいです!!!

豊かな果実味に、コクがあってふくよかな味わい。
樽の印象もしっかりと感じられて、
お手本のような、典型的な、
いわゆるプイィ・フュイッセ!という感じの味わい。

さすが、世界にプイィ・フュイッセの名を知らしめた
と言われるだけのことはあります。

ただ、その特徴を際立たせていると言うのではなく、
かなりのクオリティの高さを感じます。

本当に美味しい。

プイィ・フュイッセと言っても、
最近、ナチュラルに仕上げる作り手も多い中で、
こうした伝統的な味わい、いいですね〜

かなり好きなタイプの味わいです。

【フランス産】プイィ・フュイッセ シャトー・フュイッセ テート・ド・クリュ 750ml




タグ:ワイン
posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365674575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。