手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2013年01月05日

表参道のビストロ ブノワで新年会〜2013年

今日は友人と新年会。

表参道のビストロ ブノワのランチに行ってきました。
アラン・デュカス プロデュースのビストロ。

表参道はラポルトの10階にあるこのお店、
エレベーターを降りると、ちょっとアンティークな雰囲気の
素敵な入り口でお出迎え。

コートを預けてから、螺旋階段を上って上の階へ。
階段を上りきると、パーッと明るい世界が開けて、
また入り口の辺りとは違った素敵な雰囲気。

021.JPG

窓がとても広くとってあるので、
昼間は日が差し込んで、とても明るくっていいですね。

内装も素敵。
013.JPG

024.JPG

このエッフェル塔のレプリカは、
エッフェル塔を設計した方が実際に、
エッフェル塔を造るにあたって作られたものだそうですが、
実はこれはボツになったものだとのこと。

内装のひとつひとつがとてもお洒落で、
ちょっぴりフランスのビストロにいる気分に。

・・・と前置きが長くなりましたが、
まずは乾杯。
新年なのでやっぱりシャンパーニュ。

ジャン・ヴェッセルのロゼ。
ウィユ・ド・ペルドリ
ヤマウズラの目という意味で、ヤマウズラの目がうっすらと
ピンクがかっていることから、ロゼワインの色を表現するのに
よく使われます。

001.JPG

このシャンパーニュもロゼと言うよりは、
やや濃いめのイエローに少しオレンジがかったような色合いで
柑橘の爽やかな香りに、ほのかに赤いベリーの香り、
生パンのような香りがして、味わいもスッキリ。
新春にはふさわしい清々しいワインでした。

そしてお食事は前菜1品、メイン1品にデザート&コーヒーの
プリフィックスのコースにすることに。

私がいただいた前菜は、
サーモンのマリネにレンズ豆のサラダ。
005.JPG

脂ののったサーモンはとても新鮮で、
大好きなレンズ豆のサラダももちろん美味。
ボリュームもしっかり。

ボリュームしっかりと言えば、友人のオーダーしたサラダも
かなりのボリューム。

benoit.jpg

たっぷりのお野菜に、マッシュルーム、フォアグラ、
砂肝のコンフィなんかがのっていました!!!

前菜に合わせた白ワインは、
ちょっと珍しい、アルザスはゾッチェンベルクのシルバネールの
グラン・クリュ。

006 (739x1024).jpg

アルザスのグランクリュはリースリング、ゲヴュルツトラミネール
ピノグリ、ミュスカの上質指定4種しか認められていませんが
このゾッチェンベルクではミュスカの代わりに
シルヴァネールを使うことが認められているんです。

シルヴァネールって香りも味わいもシンプルで軽やか・・
っていうイメージなのですが、
このシルヴァネールはさすが、特別にこのエリアで
グランクリュとして使ってもよいと
認められただけあって、
”これがシルヴァネール???”っていう驚きの味わい。

熟したリンゴや柑橘の香りに少しミネラルとか土っぽい
感じも・・・
そして味わいも果実味が豊かで、酸はややおだやかながら
ワインにエレガントさを添えている感じ。
ブラインドだったら絶対シルヴァネール!とは思いません・・・
こんなシルヴァネールもあるんですね〜

美味しくいただきました。

そして、メイン料理。

豚のロース肉とお野菜のグリル。

009.JPG

お肉もやわらかく、旨味がギュッとしていて、
シンプルな味付けが、お肉の美味しさを引き立てている感じ。
お野菜もとっても甘くて、お野菜の味がしっかりで美味。

そして赤ワインはジュヴレシャンヴェルタン。

010.JPG

これもピノらしい、ベリーの華やかな香りに、
味わいも果実味たっぷりで酸もエレガントで
大変美味しくいただきました。

そうしてデザート。

私はマロンアイスクリームをメレンゲの殻で包んだもの。

014.JPG

この球体をぽこっと割っていただきます。

019.JPG

メレンゲがふわっと口で溶けて、
マロンたっぷりのアイスクリームと一緒になって
美味しい!!

友人がオーダーしたのはBabaにアルマニャックをかけたもの。

アルマニャックはかけ放題(?)だそうで、
ボトルごとサーブされます。

みんな勝手に自分のオーダーしたデザートにかけちゃいました!
アイスクリームには間違いなく、よく合いましたよ〜

そういうわけで、あとはコーヒーを飲みながらゆっくりと談笑。
のんびりとさせていただきました。

こうしたフレンチってディナーだと、また違った雰囲気で楽しめますが、
ランチタイムだとかなりリーズナブル。
昼間からワインをいただく!という贅沢さと解放感もいいですよね。

またぜひ訪れたいです。





タグ:グルメ
posted by YUMICO at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(お出かけ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ひと時のフランス気分〜プチトノー 虎の門

最近お気に入りのビストロ、
虎ノ門にあるプチトノー( Petit Tonneau )に行ってきました。

虎の門交差点から少し入った、商船三井ビルの1Fにあるのですが、
お店の入り口あたりから、テラス席を見ただけで、
”あ〜フランスっぽい!!”て感じの店構え。

今日は気候もよかったので、外のテラス席で。

テラス席からお店の中を見るとこんな感じ。

DSC_0184.jpg

ランチョンマットも可愛らしい!

DSC_0183.jpg

本日いただいたのは、
前菜のマグロとホタテのタルタル。

DSC_0185.jpg

ハーブがいい感じで効いていて、
マグロとホタテの旨味を引き立てていていいですね。

それからこちらは本日のパスタ。
セップ茸とフォアグラのクリームパスタ。

DSC_0186.jpg


とにかく、セップ茸の香りがとても華やかで素晴らしい!
セップ茸の食感と味わいに、フォアグラのコクがとても
よく合っていて、ソースもパスタによ〜く絡んでいて・・・・
しかもクリームの味わいがしっかりしているのに、
くどくなくって超絶美味。

今日はグラスで赤ワインをいただきましたが、
ワインにもピッタリ。

そしてメインに、トゥールーズ風おばあちゃんのソーセージに
ジャガイモのピューレ添え。

DSC_0187.jpg

ソーセージはとってもジューシーで、お肉の味もしっかりだし
ボリュームもたっぷり。
そして、このジャガイモのピューレ、と〜っても滑らかで美味しい!
ソーセージとの相性も抜群。

今日はちょっと遅めのゴハンだったので、
ボリュームもちょうどよくって大満足。

友達とふざけて、"C'est bon〜!!" って言っていたら、
フランス語お話になるんですか?と言って、
フランス人のスタッフの方がテーブルにいらして、
少しお話させていただきました。

Workig Holidayで1年間、日本で働くとのこと。
日本語と日本の文化が大好きで、5年間日本語を勉強されてから
来日したとのこと。
1か月前に日本に来たばかりなのに、とっても日本語お上手でした。

店構えも、お店の内装も、クロスも、お化粧室も、お料理も
フランスビストロ!って感じな上に、
フランス語で少しお話させてもらったりすると、
ますますフランスにいる気分で、帰りたくなくなりました。

ホント、フランス気分を満喫したひと時でしたよ〜

ここ、朝食メニューもあるんですね〜
うちの近くに合ったらいいのに〜って思います。

またフランス気分を味わいたくなったら行かなくっちゃ。






posted by YUMICO at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(お出かけ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

愛宕神社の”Tてぃ”Trattoria Tokyo

昨日の夜は愛宕神社の”Tてぃ”〜Trattoria Tokyoに行ってきました!

以前はお料理もお酒もすべて東京産のものを使った
和食のレストランでしたが、
9月にトラットリアとしてリニューアル。

お料理は以前と同じく東京で取れた食材のみを使っていて、
ワインはイタリア中心に海外のものも。

トラットリアと言ってもトマトソースやニンニクをバリバリに
使ったいわゆるイタリアンと言うよりは
食材の素材を存分に生かして、イタリアンテイストな
シンプルだけどとても丁寧で手の込んだお料理が
いただけるお店。

今日はワインスクールの授業の後のクラス会!ってことで
コースのお料理をアレンジしていただいていました。

一品目は麻布産豆乳のブラマンジェに、
神津島産の赤イカの塩辛レモン風味添え。

011.JPG

この塩辛、普通の塩辛と一味違って・・
(もしかしてワインで漬けてるのかなぁ・・?)
豆乳のブラマンジェのほのかな甘みと淡白な味わいに
とってもマッチ。
オリーブオイルがコクを添えてイタリアンテイストに。
レモンも果汁で風味を添えてあるのではなく、
レモンピールを刻んだものが添えてあって
酸味ではなく香りで爽やかさを添えてる感じ!

初めて食べる味わいでとっても美味!

続いては前菜4種。

012.JPG

武蔵野産 冷たいかぼちゃのスープ。
八丈島産 ムロアジのくさやチーズのブルスケッタ
西東京ニイクラファーム産のサラダと東京烏骨鶏ハム
八丈島産 クロムツのカルパッチョ 千寿葱の墨ソースと


かぼちゃのスープもかぼちゃのおいしさがギュッとつまっていて
おいしい! この器も可愛らしいですよね。

続いてのくさやのチーズ!
チーズにくさや??って感じですが
どちらも発酵製品で、くさやの香り(?)は確かに
するのですが、妙に味わいが合っていてビックリ!

烏骨鶏のハムももちろんおいしく
お野菜も新鮮。

そしてクロムツのカルパッチョには葱を焦がして
ペースト状にしたソースが。
焼き鳥のネギ間のネギが焦げたところの様な味が
ほのかにして・・
このクロムツの間には焼きネギのマリネみたいのが
添えてあって、ソースとお魚との間を
取り持ってる感じ。
お魚のおいしさがとっても引き立ってました!

続いてはパスタ。

013.JPG

八丈島産目鯛と三宅島産はんば海苔のパペッティーに。
オイルソースで。


ふっくらとした目鯛に海苔のいい香り。
ちょっとゆず胡椒が入っているみたい。
ソースもちょっと和風っぽく昆布の出汁のような感じ。
でもオリーブオイルが加わって、どこかイタリアンっぽく、
とっても複雑で深い味わい!!

そしてお肉料理は立川産ポーク TOKYO Xのローストと
赤ワインでマリネした自家製サルシッチャ、赤ワインソースと。

014.JPG

豚肉はもう言うまでもなく、豚の旨味たっぷり。
甘酸っぱい赤ワインソースともぴったり。

そしてサルシッチャ(ソーセージ)も
自家製!って感じでお肉の旨味がぎっしりでジューシー!

最後のデザートは、
国分寺 松本製茶 最高級煎茶の自家製てぃプリン。

015.JPG

ものすごく濃厚な味わいだけど
くどくなく、お茶の香りと味わいが口いっぱいに広がって。
とっても幸せ。

ちなみにいただいたワインは、

最初の乾杯がイタリアはヴェネトのスプマンテ。

最初の白ワインがイタリアはシチリアの
La Segreta Bianco (グレカニコとシャルドネ)

これが塩辛とかくさやのチーズなんかと
とてもよく合いました。

次の白ワインがボルドーの
Chateau Mayne-Leveque (ソーヴィニョンブランとセミヨン)

割とソーヴィニョン比率の高めのワインで、
前菜のネギの炭ソースやクロムツのお魚、
そしてパスタのゆずっぽい香り、海苔の香り、
目鯛の味わいとオリーブソースの味わいにも
よく合っていて・・・

お肉に合わせた赤は
フランスは南西地方のDomaine d'Escausses "La croix petite"
(シラーとフェルサルヴァドウ)
豊かな果実味とスパイシーな香りのワインで、
もちろんこのお肉料理にぴったり。

大満足なひと時でした・・・

本当にすべての食材が東京のもので、
確かに八丈島や三宅島、小笠原も東京都だし、
奥多摩の方ではけっこうおいしい野菜を作っている
みたいです!
東京も捨てたもんじゃないですね。

ちなみに使われている器も和食レストランだった頃からのもので
これもすべて東京の陶芸家の方が”てぃ”のために
作成されたものだそう。

器がどれも素敵で、お料理もイタリアンテイストなのに
とてもお料理を引き立てていて・・
より楽しませていただけました。

今回のメニューはコースとしては特別だったみたいですが
いつものメニューにあるものもあるし、
ちょっとアレンジしたりしたものだそう。

実は1か月ほど前にも一度伺ったのですが、
新鮮なお魚料理!が一番のおすすめで、
その時いただいたお魚料理はもちろん、
ハーブサラダもその日の朝採れた野菜を使っているらしく
とても新鮮で、どのお料理もとてもおいしかったです。

お値段も確か前菜は500円くらいから800円くらいを
中心に、メインのお魚やお肉は1500円前後から
ちょっとレアなものは2000円くらいって感じで、
このクオリティにしてはとてもリーズナブルではないかと
思います!

ワインはボトル3980円均一です。
なので値段で迷ったりしなくていいからいいですよね。

もちろん普通のお酒もありました。

バリバリのイタリアンがお好みの人には
ちょっとイメージが違うかもしれませんが、
和風イタリアンみたいなのがお好みの人には
超おすすめです。

まぁ、何が好みであれ、美味しいことは確かです!

完全にリピートしそうです。



restaurant_imgT01.jpg

タグ:グルメ
posted by YUMICO at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(お出かけ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。