手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2012年11月07日

捨てないで!エノキの根元〜レンチンおつまみ

最近はまっていて、何となく切らさずに作っているなめ茸。

なめ茸に使った、残りのエノキの根元で、
いつも超美味、レンチンおつまみを作っています。

001.JPG

普通、エノキを使ったお料理のレシピには ”根元は切り落として”
と書いてあって、切り落とした後のエノキをどうするかまでの
説明はもちろんないのですが(捨てるのが当たり前だし)
でも、この根元の部分は食べられるんですよ〜
さすがに、一番下の土の付いた部分は切り落としますが・・・

知っている人は知っていると思うのですが、
まだまだ知られていないようなのでご紹介を。
これ、料理研究家のヤミーさんが、いつだったかテレビの料理コーナーで
紹介していて、私もその時初めて、えのきの根元って食べられる!
と言うのを知って、早速作ってみたら超美味で。
今まで捨ててきたエノキの根元たちにに申し訳ない!と思いつつ、
こんなに美味しいものを、今まで当たり前のように捨ててきた!と言うこと
がとても悔やまれ、それ以来はまっていると言う次第です。

作り方は超簡単。

エノキの根元の土の付いた汚れた部分だけを取り除いたら、
ほぐしてお皿(電子レンジOKの)にのせて、
オリーブオイルをタラっと回しかけて、塩を少し強めにふったら、
レンジで1分ちょっとチン!するだけ。

歯応えと言うか、食感がとってもよくって、
エノキの味わいがギュっと凝縮していて、
オリーブオイルの香りもいい感じで。

これが、お酒に合わないわけがなく、
白ワイン、日本酒、焼酎、ビール・・・・
何でも合います。

塩はしっかりめの方が美味しいと思います。

これ、作っていたエノキ料理がパスタだったり、
クリーム系の煮込みだったり、スープだったりすると、
このエノキの根元をチン!したものを加えると、
さらに味わいが深くなるみたいですよ〜

私は、この単品(?)が、とても気に入っているので、
まだ、お料理に加えたことはないのですが・・・・

クックパッドに、エノキの根元をバター炒めにする!
と言うレシピを紹介されている方がいらっしゃいましたが、
これもかなりそそられますよね。

バターがさらにコクを加えて、間違いなく美味しそう。

ただ、フライパンを洗うのが面倒くさい!という方は
(私も含めて(^^;))
このレンチンはおススメです。

最近、ダイエット食材として、密かにブームなエノキ。
ダイエット用のお料理に使った後の根元も、
活用しましょう!

そう言えば、これからお鍋のシーズン到来で、
えのきをいただく機会もどんどん増えて来るので、
お鍋の後に、日本酒をチビチビやりながら・・・
って言うときのおつまみには持って来いですよね。

知らなかった方は、ぜひお試し下さいませ。



タグ:料理
posted by YUMICO at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

自家製なめ茸

最近はまっている自家製なめ茸。

なめ茸は大好物で、瓶詰めのものをよく買ってきては
あっという間に平らげてしまう私ですが、
レシピ本やお料理サイトでいろいろな”手作りなめ茸”
のレシピを見かけて、一度自分でも作ってみよう!と思っていた一品!

いくつかのレシピを参考に何度か作ってみて、
結局落ち着いたのがこのレシピ。

002.JPG


材料

えのきだけ   一袋
醤油      大2
お酒      大1
みりん     大1
お砂糖     適宜

作り方

1)えのきは根元の部分を切ったら、半分の大きさにカット。
2)1)をお鍋に入れたら、空炒りして、水分が出て、
  しんなりとしてきたら、お醤油、お酒、みりんを加えて
  煮詰める。
3)煮詰まったな〜と思ったら、味を見てお好みでお砂糖を加えて
  出来上がり。

レシピによっては、水を加えるものもあるみたいですが、
えのきの水分だけで十分。あまり水を加える意味はないような気がします。

あと出汁を加えるレシピもありますよね。
めんつゆを使ったり・・・
出汁を入れずに作って美味しかったので、出汁入りはまだ試していない
のですが、一度試してみようかな〜とは思っています。
めんつゆは日頃あまり使わないのですが、
めんつゆを使うと簡単に出来るし、めんつゆ派の人にはよさそうですね。
ただ、えのきの旨味だけでも十分な気もします。

味付けですが、お醤油はえのき一袋で大さじ1.5〜2くらいで、
しっかりした味になるので、このくらいでいいと思うのですが、
甘味に関してはお好みで。辛口がお好みの方も、ほんの少し
お砂糖を加えると味がまろやかになるみたいです。

出来上がったら、はやる気持ちを抑えて、しばし寝かせましょう。
冷蔵庫で一晩たったくらいが、味が染み込んで美味しくなります。

えのきだけは超低カロリーで、食物繊維も豊富だし、
最近ダイエット効果もある!って話題にもなっていたような・・・

何と言ってもえのきは安いので、たっぷり作って食べられるのが
なめ茸好きにはありがたいお話です・・・

なめ茸好きの方も、そうでない方もぜひお試しください。
タグ:料理
posted by YUMICO at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ラッキョウ漬けました!!

久しぶりに、ラッキョウを漬けました・・・
塩ラッキョウです。

003.JPG

何年か前にも、頑張って漬けて、
と〜っても美味しくいただいたのですが、
根を取って、皮をむく作業が
面倒くさがりの私には ”無理!!”で、
毎年、ラッキョウが出回る頃に、
漬けようか、どうしようか悩みつつも
”食べたい”気持ちが、皮むきの面倒くささに
負けてしまって、断念しておりました・・・

今年は一念発起して。

ちょっと量の少なめなラッキョウが売っていたので、
これなら剥ける!と再びトライすることに。

皮を剥いて、根元をカットさえしてしまえば、
簡単なんですよね・・・

皮も、どこまで剥いたらいいのか???って
感じですが、一番上の薄皮だけ剥けばいいんです・・・

頑張って漬けてみよう!と言う方のために
簡単に作り方を。

ラッキョウは洗って、根を取り除き、薄皮を剥いて、
水気を切っておく。

密閉容器にラッキョウを入れたら、
塩、酢、水、唐辛子を加えてよく混ぜて
あとは7−10日待つのみ。

分量は、塩はラッキョウの重量の10%

酢:水=1:2の割合で、
容器に入れたラッキョウがかぶるくらいの分量で。

お好みで唐辛子を入れて。

久しぶりなので、美味しく漬かるかちょっと心配ですが、
ラッキョウ大好き!なので楽しみです。
タグ:料理
posted by YUMICO at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

アジのなめろう〜香味野菜と一緒に

アジが旬なので、
今日はアジのなめろうをお酒の肴に。

DSCF2117.JPG


アジのなめろうは漁師料理で、
アジをお味噌やネギで細かくたたいたもの。
大好物なおつまみのひとつで、
居酒屋さんでも、よくいただきます。

ミョウガとかネギとか生姜なんかの
香味野菜を多めに加えて、香り高く、夏らしく。

材料

アジ     1匹 (or アジのたたき、お刺身などの 
           お刺身パック)
長ネギ    6−7cmくらい
万能ネギ   2−3本
ミョウガ   1個
生姜     ひとかけ
大葉     お好みで適宜
味噌     大さじ1

作り方

1)アジは3枚におろして、皮をむき、
  とりあえず、1cmくらいに細かくカットしてから、
  まな板の上で更に細かくたたく。
2)1)に味噌を加えてさらにたたく。
3)ネギ、ミョウガ、生姜を微塵切りにして2)に加え
  細かくなるまでたたく。
4)味を見て味噌が足りないようなら加えて、たたく。
5)お皿に大葉をしいて、盛り付けて出来上がり。

お味噌の量は、アジや香味野菜の量によって
微妙に違ってくるので、最初少なめで、味をみながら
少しずつ足していくのがいいと思います。

面倒くさそうだけれど、
アジもお刺身パックを使うともっと簡単に。

アジが上手におろせなくても、どうせ細かくたたけば
形はわからないので、アジをおろすのを練習したい人には
お薦め(?)

包丁でひたすらたたいていると、
無心になって、ストレス解消にもなりますよ〜

大葉にくるんで食べるのがお薦め。

私の中ではアジのなめろう=お酒 ですが、
ごはんのおかずにも、もちろんいいと思います。

アジのなめろう丼とか伊豆の辺りの食堂に
あったような・・・

アジはコレステロールを下げるEPAが豊富だし、
ネギ、生姜、ミョウガや味噌は、
魚の臭みを消すだけでなく、解毒作用があるし、
体を温める食材。

お酒を飲むと体が冷えると言われているので、
(一瞬ほてるけど、最終的には体を冷やします)
お酒を飲む時には、味噌とかネギとか、生姜とか
体を温めるものと一緒にいただくと
陰陽のバランスがよくなって、
体にもいいです。

夏は暑いので、つい、冷たいものばかりいただいてしまいますが、
冷やしすぎにも注意。
体の機能の働きが悪くなって、夏バテしてしまいます。

飲んでも元気に美しく。
タグ:料理
posted by YUMICO at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

カラフル野菜のピクル酢

この間、京都の飯尾醸造さんの作っている
”ピクル酢”と言うお酢を購入。

このお酢に野菜を漬け込むだけで
おいしいピクルスが出来るんです。

DSCF1768.JPG

ベースになっているのは米酢。
そこにドライトマトを漬け込んで、
ハーブやスパイスを加えているそうです。

普通の洋風のピクルスって
作る人によって使うスパイスや味わいも色々ですが、
ディルとかクローブとか、
割とスパイスの香りが強いし、
使うお酢もビネガーを使うことが多いと思うのですが、
この”ピクル酢”は米酢。
お酢がまろやかで、
お米の穀物の味わいが感じられて、
まずお酢そのものがとってもおいしいんです。
そこにドライトマトの香りと甘味が感じられて。
スパイスも入っていますが、
スパイスはドギツクなく、ほんのりいい感じ。
お酢のおいしさを生かして、引き立ててる感じ。

漬け込んだ後のお酢も思わず飲んじゃいました・・

今日はニンジン、きゅうりに
赤、黄、紫、白のパプリカを漬け込みました。

DSCF1792.JPG

パプリカって紫とか白もあるんですね・・
ベビーパプリカの詰め合わせに入っていました。
DSCF1790.JPG


お酢はもちろん体にとってもいいですね。
疲労回復&代謝UP効果が。

そしてカラフルお野菜もビタミン&カロテンたっぷり。

本当にこの”ピクル酢”がおいしいので、
野菜もパクパクあっという間にたくさんいただいちゃいました。




posted by YUMICO at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。