手作りのヘルシー&ビューティーメニューに、
美味しいワインやお酒でおうちにいながらカフェ気分。
心地よい音楽や花や緑に囲まれてリラックス・・
そんな”美・カフェ”を目指したおうちカフェ日記です!


2013年06月13日

サバ缶 with フレッシュトマトソース

今日は、最近注目しているお魚の缶詰を使って、
ちょっとワインにも合いそうな一品を。

サバ缶+フレッシュトマトソースで。
本屋で立ち読みしたレシピ本、 ”魚の缶詰レシピ”に載っていたのが
美味しそうだったので作ってみました。

138 (640x480).jpg

お魚の缶詰は、魚を丸ごと新鮮なまま缶に詰めているので、
お魚の栄養をくまなく摂取出来ます。

特にサバとかイワシとかサンマなんかの青魚系には
ご存知、DHA(ドコサヘキサエン酸)がとても豊富に含まれていますが、
缶詰にすると、その酸化も抑えられるらしく、
生でいただくよりも、より豊富に摂取出来るとのこと。

DHAは脳の働きを活性化させて、記憶力をアップしたり、
血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げたり・・・
いつまでも若々しく、元気に生きていく為には、
ぜひともたっぷり摂取したい成分ですよね。

その上、魚の缶詰にはカルシウムもたっぷり。
骨ごと食べられることを考えると、
それも納得。

その他にビタミン類もとっても豊富なので
正に言うことなし。

毎日のようにでもいただきたいですよね。

青魚って、臭みが気になる人も多いと思うのですが、
缶詰にすると、不思議と臭みもやわらぐし、
何より旨味が凝縮して、意外に美味しいんです。

そんなわけで、今日作ったサバの水煮缶+フレッシュトマトソース。

サバの缶詰は開けてそのままお皿に盛り付け。

トマトソースはトマトのさいの目切り(1/4個くらい)と
玉ねぎのみじん切り(1/4個くらい)、にんにくのみじん切りに
オリーブオイルと塩コショウをボールに入れて、よく混ぜるだけ。

それを盛り付けたサバの上にかけて、パセリのみじん切りを散らして
出来上がり。

火も使わないし、とっても簡単。

サバの缶詰の栄養も勿論ですが、
トマトにも抗酸化作用のあるリコピンがたっぷりだし
玉ねぎにも血液さらさら作用があるし、
オリーブオイルにもコレステロールを下げる作用が
あります。

これはもう最強のアンチエイジング料理・・・・

サバの水煮缶って、臭そうなイメージがありますが、
臭みはほとんどなく、旨味もたっぷり。
この旨味とほどよい脂が、トマトの酸味と甘味に
とてもよくマッチしていて、美味しい!!!

これならリピート間違いなしです。

ワインにも合いますよ〜

1缶でDHA&カルシウムたっぷり! 病気を遠ざける! 魚の缶詰レシピ







ラベル:料理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。